絵本『おこだでませんように』

  • 2020.03.07 Saturday
  • 10:00

JUGEMテーマ:幼児教育

こんにちは。JR八王子駅から徒歩7分の幼児教室コペル八王子中央教室です。

 

男の子のお母さまとお話しをしていて「うちの子みたい。」とおっしゃる方が多い絵本があります。

『おこだでませんように』です。

 

「ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも…。休み時間に、友だちが仲間はずれにするからなぐったら、先生に叱られた」いつも誤解されて損ばかりしている少年が、七夕さまの短冊に書いた願い事は…?

作者のくすのきしげのりさんは「おこだでませんように」について

お母さんや先生や友だちに言うのではなく、七夕様のお願いの短冊に、一文字一文字懸命に書いた「おこだでませんように」。このお話の「ぼく」にとって、それは、まさに天に向けての祈りの言葉なのです。子どもたち一人一人に、その時々で揺れ動く心があります。そして、どの子の心の中にも、祈りのような思いがあるのです。私は、そんな子どもたちの心の動きや祈りのような思いに気づくことができる大人でありたいと思います。

 

以前、作者のくすのきしげのりさんの講演会に行ったことがあるのですが、26年間小学校教諭をされて30年以上児童文学を書き続けていらっしゃる方だそうです。くすのきしげのりさんが書かれた様々な絵本の登場人物が成長して違う役で出ていることが多くあって繋がっているそうですよ。

 

『おこだでませんように』を是非読んでみて下さいね。

 

 

 

春の生徒募集キャンペーンです!

 

各学年のクラスでの無料体験レッスン、新1年生体験会を行っています。

是非教室に遊びに来てくださいね。

 

コペル八王子中央教室  

お電話 0800-777-8777

    042-646-2590

 

体験レッスン受付中!

 

お問合せ・資料請求のページへ

 

かんざき さちこ

コメント
コメントする